山門の掲示板



南門の掲示板(左側)



南門の掲示板(右側)




掲示板アーカイブス




住職のひとりごと (令和6年2月19日)

『急がば回れ』と『瀬田の唐橋』

 2月17日の京都新聞の滋賀地域面に『瀬田の唐橋遊歩道 竹灯籠の明かり温か』と題した記事が記載されていました。「瀬田の唐橋」東詰辺りの瀬田川沿い遊歩道(大津市瀬田1、2丁目)に、地元の園児や高齢者らが絵や文字を描いた竹灯籠約300個が並び、行き交う人を温かい明かりで照らしている。という記事です。(灯籠の設置を3月21日までということです。)

 その記事の中に『「急がば回れ」の語源となった唐橋は地域の貴重な文化遺産の一つ』と書かれていました。
 ことわざ『急がば回れ』は知っていましたが、その語源が地元の『瀬田の唐橋』だったとは、思ってもいませんでした。

 そこで、ネットで『急がば回れ 唐橋』で検索してみると
 ことわざ『急がば回れ』の語源は、『武士(モノノフ)の 矢橋(ヤバセ)の船は速けれど 急がば回れ 瀬田の長橋』という短歌に由来しているということを初めて知りました。
 この和歌の作者には二説あり、平安後期の歌人・源俊頼(みなもとのとしより)が詠んだという説と、室町時代の蓮歌師・宗長(そうちょう)が詠んだという説があるそうです。

 当時、京都に向かうには(距離の短い)草津の矢橋から大津まで船で琵琶湖を渡る方が早かったが、比叡山から吹き下ろす強風によって危険な航路だったため、急ぐなら(距離の長い)瀬田の唐橋を通った方が安全だという意味で、このような歌が詠まれたとのことです。

 上記の地図は https://withnews.jp/article/f0160816003qq000000000000000W03j10601qq000013857A に記載されていた地図を借用しました。

 ちなみに、私が令和元年まで住職をしていた『浄光寺』、令和元年から現在住職をしている『西方寺』、令和五年から兼務住職をしている『大専寺』と『瀬田の唐橋』の位置関係は次のようになっています。

 68年近く大津に住んでいますが、地元のことでも知らないことがまだまだあるなと実感した次第です。





住職のひとりごとアーカイブス



〒520-0807
滋賀県大津市松本1丁目5-13
     月見山 往生院 西方寺
         住職 田中裕史

     住職プロフィール
      学歴 昭和38年3月 愛光幼稚園 卒園
         昭和44年3月 大津市立平野小学校 卒業
         昭和47年3月 大津市立打出中学校 卒業
         昭和50年3月 滋賀県立膳所高等学校 卒業
         昭和55年3月 大阪市立大学理学部化学科 卒業
         昭和57年3月 大阪市立大学大学院前期博士課程理学研究科化学専攻 修了
      浄土宗寺院住職歴
         大津市大江   浄光寺 住  職(昭和58年10月11日〜令和元年12月22日)
         大津市松本   西方寺 住  職(令和元年12月23日〜現在に至る)
         大津市皇子が丘 大専寺 兼務住職(令和5年11月21日〜現在に至る)
      学校法人上宮学園
         非常勤講師(昭和58年4月〜昭和61年3月)
         専任教諭(昭和61年4月〜平成17年3月)
         上宮高等学校 教頭(平成17年8月〜平成23年3月)
         上宮中学校・高等学校 校長(平成23年4月〜平成29年3月)
         上宮学園 理事長・学園長(平成28年7月〜令和5年3月)

mail : mail@西方寺.jp 

  メールアドレスに日本語が使われているために送信できないメーラーがあるかもしれません。
  その時はこちらを使って下さい。mail@tsukimizan.jp

     JR大津駅から徒歩10分

     京阪電車 石場駅から徒歩6分

     名神高速道路 大津ICから約5分(参詣者駐車場あり)


JR大津駅からの地図


京阪石場駅からの地図


西方寺 南門横 駐車場 配置図

     西方寺への参詣者の方は下記駐車場図の『参詣者』と記載されている駐車位置をご使用下さい。

     駐車場では車止めに『参詣者』のシールが貼ってあります。

 


西方寺の御朱印

 住職がお寺に居る時は、御朱印帳に直接書かせて頂きます。

 住職がお寺に居ない時は、書き置きした御朱印をお渡しします。その時は参拝日については捺印になります(上の御朱印:右側)


令和4年 知恩院御忌大会において唱導師拝命

 令和4年4月21日 youtube動画

御忌大会次第

 


 

西方寺の沿革と現在

 当山は、月見山往生院西方寺と号し、滋賀県大津市松本(JR大津駅から徒歩10分)に位置する。

 「近江名跡案内記」には「月見坂は松本村の西方岡山の名なり相傳う花園天皇此地にて月見の宴を開かれると又月見山西方寺という浄土宗の寺あり。月見山の額は花園天皇の宸筆なりと」との記載がある。しかし、月見山の額は現存しておらず、寺伝によると文禄元年(1592年)相蓮社伝譽春甫大徳によって開山されたことになっている。

 平成7年に先代住職によって、本堂、庫裡、弁財天堂、地蔵堂、山門が修築され、裏門並びに庫裡が増築されて現在に至る。

 年間行事としては、初別時会(1月19日)、春季彼岸会(3月19日)、盆棚経(8月)、盆施餓鬼会(8月19日)、秋季彼岸会(9月19日)を勤めている。

 


 

西方寺のお墓(近日公開予定)

 4種類のタイプのお墓から選べます。

  一般墓

  合祀墓

  リーフログ樹木葬墓    

     リーフログ樹木葬墓につきましては、

     第1期が、令和4年10月15日(土)〜17日(月)にプレオープン

          令和4年10月22日(土)〜24日(月)にグランドオープン

     いたしました。全26区画が『契約済み』となっています。

     好評の為に、第2期として令和5年に46区画を整備しました。

     第2期の現在の販売状況です。1人用  8区画中 残り4区画
                   2人用 20区画中 残り0区画 
                   4人用 18区画中 残り9区画

     2人用区画が完売でキャンセル待ち状態となっている為に、2人用区画を中心に最終第3期を計画中です。

     令和6年2月の説明会ですが、2月10日(土)・11日(日)実施分につきましては好評のうちに終了しました。

     次回の説明会は2月24日(土)・25日(日)に予定しております。



  のうこつぼ 

 


 

経本

命日のお勤め

 

改訂和訳付 命日のお勤め

 

年忌法要のお勤め

 

初七日のお勤め

 

中陰のお勤め

 

百箇日のお勤め

 

アクセスカウンター

 

 


 

リンク